上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨日の拙ブログのアクセス数48・・
あくまで拙ブログの基準ですが異常にアクセスが多い。
アクセス解析をみてみると、「雷句誠」で検索をされた方が
多かった模様です。
だからという訳ではないのですがこのことに
ついてもう少し書きます。
今回の騒動は「編集王」とか「BS漫画夜話」とかが好きな人にとっては
特に興味深いものだと思います。
私なんかの場合はリアル編集王じゃんと思って
しまいました。(編集者の言うことを聞かない漫画家が髪の毛をつかまれて机に顔面を
叩きつけられるような漫画)
あとは漫画家と編集の確執といえば幽遊白書後期の冨樫義博とジャンプの関係が
思い浮かびます。当時の作者コメント欄の病み方は相当なものだったと記憶して
います。冨樫氏が一時期「消えた漫画家扱い」されたことも無理なからぬものだと
思います。実際に消えていた期間はそれほど長くありませんでしたが、消え方から
して二度と漫画を描く気になるとは思えなかったからです。
このあと、冨樫氏とジャンプは関係を修復しましたが、雷句氏とサンデーはどうなるの
でしょうか。人気のある作家をひき留めてこそプロの編集でしょう。
雷句氏の今回の件に関する行動を見ていると、問題はお金ではないのだな
というのはよく分かります。アニメ化された漫画家が、たかが300万円のために
今後の自分の作家生命を賭してまで大手出版社を訴えるとは思えません。
正直、同じサラリーマンとして会社を訴えた漫画家を使いたくないというのが
他の出版社の本音ではないでしょうか。
だから、彼の漫画家をめぐる環境そのものを改善するという考えは素直に信じられます。
今回の件を機に、彼への注目度はあがったと思いますが、こういう目だった行動に
出た以上、彼の次回作に対する評価のハードルは確実にあがるでしょう。
しばらくはこの問題についての興味は続きそうです。
スポンサーサイト
2008.06.10 Tue l 未分類 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

雷句誠さんには頑張ってほしいですね。

漫画さんも大変ですね・・・
2008.06.12 Thu l Mr.. URL l 編集
作者名としてはある意味、漫画以上に訴訟で有名になってしまいましたね。
2008.06.12 Thu l 音速丸5さい. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://onsokumaru893.blog27.fc2.com/tb.php/54-770e212b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。