上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ピトーの嘆願になおも応じないゴンに対して、いよいよキルアははっきりと
「あいつの言う通りにすべき」と答えました。
それに対し、ゴンは「あいつが約束を守るとは限らない」と返す。
これは最後の正論でしょう。
ここまでくるとピトーからすると後は一押しです。
自分の片足を「すぐには使えなくなるであろう」ほど破壊しました。
さらに「回復に支障がでない範囲で傷つけてくれてもいい」と続けます。
ここまでされるとゴンにはもう断る理由がなくなってしまう。
危機的状況から脱するには1時間はかかるということですが、ナックルや
シュートがコンマ1秒を争う戦いをしている中でなんとも悠長な話です。
少なくとも数分後にはナックル、シュートVSユピーの攻防は終わるでしょう。
最悪、2人(+ロメレオン)の死という形で。
王とネテロの戦いすら終わっているでしょう。
気持ちは分かるが、ピトーに張り付いていていいのか、ゴン?
私は、カイトを元に戻すことができるとは思っていません。
他の漫画ならともかく、一度首の取れたキャラが生き返ることは
冨樫先生の漫画からするとご都合主義で、無粋すぎる。
ゴンが、カイトが元に戻ることを前提に話をすすめているのは
「もう元に戻らない」ことを信じたくないという強烈な現実逃避だと
思います。キルアですらそれには気付いていないのでしょうか??
今回、ゴンたちのとるべき行動はピトーになんとかして王をここに
呼び出させることでした。そして1時間の余裕があるのですからなんらかの方法
(ハコワレでもなんでもいいですが)で王の念を封じるべきでした。
(ただし、キメラアント側が信じられる方法で、念の使えなくなった王を殺させない
保証をすべきで、そこに知恵を絞らなければならないが)
その上でコムギの回復を認めるべきでした。
今のままだと、最悪数分後にネテロとナックル、シュートが死亡。
ピトーの元に王と護衛軍が集結。
そうなるとコムギを人質に取る余裕すらない。
ゴンとキルアも殺されてしまうでしょう。
なんにしてもこのまま1時間待とうとしている選択肢はかなり
危険で、あり得ない行動だと思います。

全ては仲間のために。他の全ての大事なものを犠牲にして。一番大事なものを傷つけて。自分の心さえも。暗く染まったフローレス。...
HUNTERxHUNTER ハンターハンター 275話 「約束」 WJ-2008-18号 3/31発売 感想


↑ちんちらさんのブログ。
私とはまた別の視点で今後の予想をされています。
スポンサーサイト
2008.03.31 Mon l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://onsokumaru893.blog27.fc2.com/tb.php/35-f5bfb566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。