上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今週号は、ピトーとゴンの力量差がある程度伺える回でした。
少なくとも生身のピトーは念を使ったゴンには勝てない。
これは慎重なキルアが冷静に、かつ控えめに分析したものなので、勝てないどころでは
なく、念を使わないピトーはゴンには歯が立たない
と考えても良いと思います。
そのくらいまでには力量差は縮まってきた。
さらに、以前のピトーが同じ状況に置かれていたなら、一時的に発を解いてゴンとキルアを
瞬殺→再びコムギの回復に戻る、、というのが確実な方法だったでしょう。
ピトーにとってゴンは全く知らない人間であって、通じるかどうかも分からない懇願をすること
そのものがリスクの高い行為だからです。
しかし、今ピトーが発を解いてゴンとキルアと戦えば
戦いを終わらせるのにどれだけかかるかの見当がつかない。
その程度には目の前の2人は手ごわい。
ピトーは相手の手心に頼ることでしか、コムギを守ることが出来ないと判断した。
もし、相手がやる気なら自分も死ぬ、コムギも死ぬ。それが分かっていても
それしか方法がないと判断したわけです。
ピトーは、コムギさえ治させてくれたらその後で「なんでも言うことを聞く」と言う。
それに対して、キルアが間髪いれずに「今お前がなんでも言うことを聞くといったのは・・」
と言いかけます。
これは、ゴンに対して「ここまで言っているのだから、コムギを治させることに同意しよう」と
暗にゴンを説得する為だったのは確実です。
「それなら、今こいつを倒す必要はない」と。
しかし、今のゴンにとって、そんな「理」は通用しないようです。
今のゴンの状態は、旅団が大量殺人を続けながら仲間の死に憤る場面に
出くわした時の怒りに似ています。
ある人間を殺す者が、ある人間の死を悼むのはエゴであり、
それを許せないといって、槌を振るうのはそれもエゴです。
意思を徹底的に貫き通すことで成長してきたゴンが意思を収めなければ
成長できない場面に出くわしました。どうする??

↑ブログランキングに参加中です。

やばい、やばい、やばい。自分あまい。冨樫先生、奥先生に負けず劣らず、現実のキャラとして扱ってらっしゃる。あ、でも、ゴンの正義はお子ちゃまですけどね。フローレス、ゴンの持つ狂信性を感じた情けない今号でした。3/24 16:00 展開予想追加しておきました...
HUNTERxHUNTER ハンターハンター 274話 「解答」 WJ-2008-17号 3/24発売 感想


↑ちんちらさんのブログより
かなりキメラアントよりの感想です。最近の展開は読む人によって人間側、キメラアント側への
感情移入度が違ってきそうで面白いですね。


スポンサーサイト
2008.03.24 Mon l H×H l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://onsokumaru893.blog27.fc2.com/tb.php/32-cc2b74ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。